第12回 ピアノとチェンバロの違い – 楽譜編 –

ピアノとチェンバロの楽器の違いについては、「ピアノとチェンバロの違いを、分かりやすく解説!」でご紹介しました。
発音の仕組み、音の特徴、演奏技法、鍵盤数、などなど・・、ピアノとチェンバロはまったくの別物だ!という程のたくさんの違いがありました。

しかし、例えばチェンバロ用に作られたJ.S.Bach(バッハ)の曲など、現代ではチェンバロ曲をチェンバリストでなくてもピアノで一般的に演奏しています。
楽器自体の特徴がこんなに違うのに、もし同じ楽譜なら全然違う曲になってしまいそうな・・?

そこで今回は、「ピアノとチェンバロの違い – 楽譜編 – 」として、当時の原典版の楽譜と、現在ピアノ用に市販されている楽譜の違いを見て行きたいと思います。


通奏低音

実はチェンバロは、通奏低音(つうそうていおん)という主にバロック音楽において行われる伴奏形態で演奏されています。

通奏低音とは、楽譜上には低音部の旋律のみが示されているもので、演奏者はその通奏低音に適切な和音を付けて演奏するのです。


通奏低音
数字付き低音とそのリアライズの例
Wikipedia より
記譜された音に和音を付け加える作業(リアライズ)を補助するために、音符に和音の構成音の記譜音からの音程を示す数字を付けてある数字付き低音もあります。
なんだかコードネーム(和音記号)と似ていますね。

数字は低音からの音程の度数を表すもので、例えば”3″とあれば、低音の上3度の所に音があることを示しています。
ただし、実際にそれらの音をどのオクターブに置くかは演奏者に任され、演奏者は和声的に正しくなるように、4声や3声で演奏しなければなりません。
当然和声的な正しさだけでなく、音楽的に優れたものであることが要求され、且つ、アレンジした自由な装飾を付けることも求められるのです。

その他にも、原典版(作曲者が書いただけ)の楽譜には強弱記号もスラーも指番号も、曲調を構成する指示すら書かれていません。
そのため、実用性を求める声に応じて、作曲者の弟子たちや楽譜編集者たちによってだんだん手が加えられ、現在のピアノ楽譜のような「解釈版」の楽譜が出て来ました。
ということはもしかしたら、現在の “とっても親切” なピアノ楽譜は、当時の作曲者本人たちのイメージと違うかもしれませんね。

原典版の楽譜で演奏するチェンバロは、演奏者によって、また同じ演奏者でも毎回1つとして同じもののない、即興での演奏なんですね。
次にチェンバロの演奏を耳にする機会には、ぜひその即興演奏にも注目して聞いてみてください。


« 音楽雑学ブログ 一覧へ