第15回 「長唄の会」の演奏会を楽しんで来ました

第4巻「長唄三味線」でその素晴らしい演奏を披露している松永鉄九郎さん(伝の会)の「長唄の会 浜松vol.1」の演奏会に行ってきました!

長唄の会 浜松vol.1 長唄の会 浜松vol.1
画像をクリックで拡大表示

「長唄の会」ってどんな演奏会?

長唄の会」は、松永鉄九郎さんが2013年より行っている演奏会です。
まずは、「長唄の会」を始められた松永さんの思いです。

松永鉄九郎
   「TEAM TETSUKURO」より
”今まで、長唄の素晴らしさをもっと気軽に知ってもらいたいと、楽しいトークや面白いアプローチをと心がけて工夫してきました。
今年になって「長唄は元々素晴らしい曲の集まりだから、純粋に演奏するだけで楽しい音楽なんだ」ということに、はたと思い至ったわけです。
気がついたらやらなければいけません。
ということで「長唄の会」始めます。
素の長唄の演奏会ってこと? いままでと同じ形じゃないの?
そう、でも違うのです。
いまの自分だからこその心構え、いまだからできる、やりたい会なのです。
限られた時間ですが、四曲お届けできるはずです。
長唄をもっともっと好きになっていただきたい!
ぜひお越し下さい。”  「尚雅堂のよかったさがし」より抜粋

何とかして素晴らしい長唄の世界を多くの人に知ってもらいたいという熱い思いが伝わってきます。 そして、私がお伺いした静岡県浜松市での「長唄の会」も、そんな松永さんの思いが伝わるような演奏会でした。

曲目

当日演奏された曲は、以下の4曲です。

・操三番叟(あやつりさんばそう)
・松の緑
・越後獅子
・鷺娘


初の浜松市での開催ということで、おめでたい曲や、有名な曲をお選び頂いたそうです。
今回は浜松でも活動していらっしゃる福原鶴十郎さん社中のお囃子が加わって、大変華やかな演奏会でした。

会場

会場となったのは、能楽や三味線、日本舞踊のお稽古舞台、小規模の発表会などに使われている「ゆりの木舞台」。
ここはなんと駐車場ビルの中にあるのです。エレベーターで4階に上がると、目の前に会場の入り口が出現。 こぢんまりとした素敵な空間です。街中の駐車場ビルの中にこんな空間を作った発想に驚きです。
チケットは早い段階で完売したとのことで、50席程の席は満席でした。

ゆりの木舞台 ゆりの木舞台

タテ三味線(立三味線)が作るアンサンブル

舞台の中央にすわるのがタテ三味線です。
タテ三味線とは、2挺(ちょう)以上の三味線で演奏する場合のいわゆるリード演奏者です。


松永さん:タテ三味線を務める人は、指揮者であり、第一バイオリンであり、責任者です。
他の人は、すべて、タテの人に合わせなくてはなりません。演奏のノリや節、タイミングなど、すべてタテの意思に従って合わせなければならないのです。
タテの人が調弦した音が少し下がっていたとしたら、他の人はそれに合わせる必要があります。
同じ長唄を演奏しても、タテの人が自分のノリで作っていくわけですから、誰がタテをやるかで、曲が違ってきます。


修行時代はもちろん一番下っ端から始まるのですが、合わせるのがとても大変で、最初はほんとうにおそろしかったそうです。まずもって、舞台に出てちゃんと音を出せるようになるまでに7,8年かかったとのことでした。
そして、自分は今タテ三味線を担当しているが、その面白さは、音楽をすべて自分で作り上げるというところにあるとおっしゃっていました。
もちろん、タテの人でなくても、みんなで一つの音楽を作り上げる喜びはあるでしょう。三味線があれば、唄の人と合わせると楽しいし、太鼓だって、笛や三味線と合わせると楽しいに違いありません。

今は音楽というと西洋音楽の方が多いかと思いますが、日本の文化の中に、ずっと長くこのようなアンサンブルの形があって、人びとは折に触れてそれを楽しんできたのですね。それを改めて認識して、もっともっと学校などでこの素晴らしい財産の存在を伝えていくべきだと思いました。誇っていい日本文化だと思います。

生の舞台は素晴らしい!

当日、松永鉄九郎さんは最初から最後まで舞台に上がりっぱなしの大奮闘でした。責任者として、三味線を弾いて、メンバーを引っ張って曲を作り上げ、合間のトーク(休憩時間)も全部自分で行われたのです。目一杯、全力投球です。
それに、何しろ幕がないオープンな舞台でしたから、終わったとき思わず倒れそうになるほど力を使いきった感じなのが、そのまま客席にも見えて、それがとても印象的でした。


「芸術というのは、演奏や作品に込めたエネルギーが見る人に伝わって感動を呼ぶ。」と日本画家の私の友人が言っていました。

今回長唄の知識が乏しい私でも感動を受け取れたのは、松永さんの演者として込められたエネルギーをすごく感じたからだと思います。
生の舞台というのは、そんなエネルギーを直接受け取ることのできるぜいたくな時間です。そんなことを思って華やかな演奏を堪能した演奏会でした。
そして、生の舞台をできるだけ多くの人に気軽に楽しんでもらいたいという松永さんの想いを十分に感じ取った会でした。


演奏会の様子は、企画、お手伝いをされた尚雅堂さんのブログにも掲載されています。

また、facebook(フェイスブック)「長唄の会」では、今後のイベント情報、そして松永鉄九郎さんの演奏やトークの動画が掲載されています。 こちらもぜひ合わせてご覧ください。



« 音楽雑学ブログ 一覧へ