楽器の世界コレクション_日本語サイト楽器の世界コレクション_英語サイト

第14回 楽器博探訪 その2 チェンバロの音とピアノの音

前回は「楽器博探訪その1」として、浜松市楽器博物館についてご紹介しましたが、「その2」ではチェンバロとピアノの音についてご紹介したいと思います。
スタッフの方に実演もして頂きましたので、ピアノとチェンバロの音の違いなどを、どうぞご覧ください。


チェンバロとピアノの音はどう違うんでしょうか? それぞれ弾いてみて頂けますか?

スタッフ:はい。では同じ曲をチェンバロとピアノで弾いてみます。


1750 ジェイコブ・カークマン
  実演に使用したチェンバロ
1750 ジェイコブ・カークマン



1995 クリストフォリ製ピアノの復元モデル
  実演に使用したピアノ
1995 クリストフォリ製ピアノの
    復元モデル


「ピアノ」は1700年頃、チェンバロ製作家のクリストフォリにより発明されました。
今回使用したピアノは、現存する3台のクリストフォリ・ピアノをもとに、1995年に復元されたものです。
このピアノは、音色はチェンバロと非常によく似ています。それは、チェンバロをもとにして中のアクションを変えて作ったのがピアノだからです。
ピアノを開発するに至った目的の一つが、チェンバロにはない「キーのタッチによって音の強弱をつける(フォルテからピアノの音まで出せる)機能を作る」ということだったと思われますので、音自体についてはあまり変化を求めなかったのかもしれません。


音量が変えられるかどうかということなんですね。
チェンバロは音の強弱を付けられないんですか?

嶋館長:チェンバロの音量が変わらないというのは、奏者の指のタッチでは変わらないという意味です。もちろん高級なチェンバロでは、ひとつの音を鳴らすのに、はじく弦の数を変えることで、音量を少しは変化させることができますが、タッチでは変えられないのです。
ピアノは奏者がキーを強く押すか弱く押すかで音量が変わります。
音量をタッチで変えれるかどうかということが、大きな違いです。

スタッフ:チェンバロはタッチによって強弱を出せないので、弦の数を変えて音量や音色を変えます。弦の数を変えるには、レバーや、上下の鍵盤や、時にはペダルで切り替えます。
曲の途中で瞬間的に雰囲気を変えることができるんです。こんな感じです。





左映像:
チェンバロの上鍵盤、下鍵盤、
ペダルを踏んだ時の音の変化

チェンバロが愛好された歴史は、15世紀から18世紀末までと大変長く、そのため外観や仕様、音色などもさまざまです。
一般的にはペダルのないタイプが主流ですが、後期にはイギリスでペダルを備えたものも作られました。
今回実演に使用したチェンバロは、1750年イギリス(イングランド)のカークマンが製作したものです。


チェンバロを弾くのは難しいですか?

スタッフ:そうですね。楽器によってさまざまな特徴があるので、それぞれの楽器を弾き分けるのは難しいです。


チェンバロの音は響き続けますか?

スタッフ:はい。鍵盤を押すと音が鳴り響いて、ピアノと同じようにだんだん音が減衰していって消えますが、指を離せばダンパーが下りて、すぐに音が消えます。


チェンバロを演奏する時には、どういうところに気を付けて弾いていますか?

スタッフ:私は専門ではないのであまりうまく弾けませんが、やはりフレーズの区切り方とか、メロディーの唄わせ方とか、チェンバロならではのものがあります。
チェンバリストの方は、きっといろいろなテクニックで工夫をされているのでしょうね。


ピアノを弾く時には何か気を付けていることはありますか?

スタッフ:意識しながら、強く出すところは出して、弱めるところは弱めて。その変化を楽しむというか、その変化をつけるのがピアノかなと思います。
それと、このピアノだと現在のピアノみたいにがんがん弾けません。力まかせに弾くと壊れてしまいます。今のピアノみたいに強いタッチでは弾けませんね。


ピアノの楽譜とチェンバロの楽譜は何か違いがありますか?

嶋館長:五線譜という点では同じですが、ピアノとチェンバロで違うというよりも、時代時代によって楽譜が違うんですよ。
チェンバロが盛んだった時代の楽譜というのは、楽譜に書いてあることは少なくて、チェンバロ奏者が自分でその楽譜にいろいろと付け加えて弾いていました。
しかしピアノという楽器が発明されてから現代に至るまで、作曲家が楽譜にびっしり書き込むわけですね。
ですから演奏家の人はあんまりそれ以外のことを弾いてはいけないと、そうなってきていますね。
もちろんケースバイケースで、そんなことはないのですけどね。

ピアノとチェンバロだけじゃなくて、フルートでもバイオリンでも、昔は簡単な楽譜でしたが、今はびっしりと書いてあります。そういう違いでしょうね。
チェンバロの楽譜をピアノでも弾けるけれども、音楽はチェンバロの響きに合ったようにできているので、ピアノで弾いても良い響きが出るとは限らない。
逆に今のピアノの楽譜をチェンバロで弾こうとしても、音が足らないとかね、いろいろあるわけですよ。
例えば、チェンバロでゆっくりとした曲は演奏できますが、速い曲は無理、とかね。そもそも音楽が違うんです。



貴重なお話をありがとうございました。

2回に渡って浜松市楽器博物館をご紹介しましたが、その魅力がお伝えできたましたでしょうか?
世界全域のさまざまな楽器を3000点以上収蔵し、世界第一級規模を誇る浜松市楽器博物館。
みなさんもぜひ足をお運びください。 (^-^)

楽譜についての解説は、「第11回 ピアノとチェンバロの違い – 楽譜編 -」にも載せておりますので、合わせてご覧ください。

チェンバロの音をもっと聴いてみたい、見てみたいという方は、ぜひ当シリーズのDVDを手にとってご覧ください。
第1巻「ブランシェのチェンバロ」は、1765年にパリでブランシェによって製作され、今も華麗な音を響かせているチェンバロについて、演奏と解説でご紹介しています。


« 音楽雑学ブログ 一覧へ

第13回 楽器博探訪 その1 浜松市楽器博物館はどんなところ?

楽器の世界コレクションDVDは、浜松市楽器博物館の公式DVDとなっています。
そこで、今回は楽器博物館を取材し、嶋館長とスタッフの方に楽器博物館やチェンバロについてなどを伺って来ました。2回に分けてご紹介しますので、どうぞお楽しみください。


浜松市楽器博物館は、「世界の楽器を平等に展示する」というコンセプトで運営していらっしゃるとのことですが、「世界の楽器を平等に展示する」というのはどういうことでしょうか?

嶋館長:「楽器」という言葉で思い起こすのは、日本の楽器屋さんに売っているもの、ブラスバンドとかオーケストラで演奏されているもの、趣味で習っているものなどでしょうか。
だいたいは西洋楽器です。もちろん日本の楽器もありますが、アメリカも含めて、日本とヨーロッパの楽器がほとんどですね。

浜松市楽器博物館 嶋館長
   浜松市楽器博物館
    嶋 和彦 館長
けれども世界において、日本とヨーロッパ以外の楽器のほうが、実は何十倍も何百倍も多いんです。この楽器博物館には、地球のいろいろなところの楽器があります。いろんな楽器があるということは、いろんな音があって、いろんな音楽があるということです。

たとえば料理は、世界中のレストランがあるからその料理を楽しめるけど、音楽というのは、今の日本では割とヨーロッパばかりに偏っています。
けれど、そうじゃないものがいっぱいあるよというのがここで分かるようになっています。わざわざ飛行機に乗ってアフリカに行かなくても、ここで、まずは見れる。まずは録音で音が聴ける。

そしてそれが気に入ったなら、今度は本当に自分で見に行ったり、買いに行ったりすればいいわけです。ここは、世界の音楽と楽器の入り口、出会いの場です。
世界中の楽器を、地域の偏りなく平等な規模で展示・解説しています。日本でそのような場は、ここ浜松の楽器博物館しかないのですね。


楽器博物館が来館者の方に伝えたいことは何でしょうか?

嶋館長:重複しますが、世の中には自分たちが知らない音楽や楽器がまだまだたくさんある、ということぜひ知ってほしいですね。
クラシックは苦手だけど、アフリカ音楽は好きだという人もいるわけですが、ここはそういう人もいろんな自分の好きな音楽に出会える場です。貴重な場所ですので、ぜひ試しに来てみて下さい。


楽器の世界コレクションDVDについて、シリーズを通して伝えたいことは何でしょうか?

嶋館長:楽器イコール音楽じゃないですよね。もちろん楽器という物は、音楽を演奏することが一番大きな目的ですから、あくまでも音を出す、メロディーを演奏する道具です。
けれども、音を出さなくても、楽器にはそれぞれ形や色・デザインなどがあって、時には楽器そのものが神様であったり、お祈りする道具だったりするわけです。
ですから、楽器というのは単なるただの使い捨ての道具ではないということが、世界を見ればよく分かるんです。楽器は大切で、粗末にしてはいけないものだということですね。


浜松市楽器博物館紹介

浜松市楽器博物館は国内初の公立の楽器博物館で、2015年4月には設立20周年を迎えます。楽器実物資料だけでも3,000点を超える所蔵数を誇り、さまざまな楽器を各コーナーに分けて展示しています。


まず1階はアジアのコーナーです。なじみの薄い楽器も含め、いろいろな地域の楽器が展示されています。
入り口を入ってすぐ正面では、華やかなインドネシアの「ガムラン」が迎えてくれます。
ガムランは大小さまざまな打楽器の総称で、現在も盛んに演奏され、世界無形文化遺産に登録された伝統影絵芝居「ワヤン・クリ」にも使われています。

アジア
第1展示室(1階)アジア
日本
第1展示室(1階)日本


天空ホール
天空ホール(地階)

階段を下りてすぐには、天空ホールがあります。鳥型反響板も設置され、館主催の少人数のコンサートなどが数多く開催されています。

中央に展示されているのはバヌアツの「タムタム」という、世界最大の儀式用割れ目太鼓です。
おっとりとぼけた愛らしい顔で、来館者を見守ってくれています。


地階には、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、オセアニアの楽器のコーナーがあり、それぞれのコーナーが平等な目線で展示されています。
さらに、鍵盤楽器のコーナーが別に設けられています。楽器博物館所蔵の鍵盤楽器はなんと70点余もあり、広いスペースにピアノがずらりと並んでいる様は圧倒されます。
さすがピアノのまち浜松です。ほかに電子楽器や国産洋楽器のコーナーもあります。


ヨーロッパ
第2展示室(地階)ヨーロッパ
アフリカ
第2展示室(地階)アフリカ

アメリカ
第2展示室(地階)アメリカ
オセアニア
第2展示室(地階)オセアニア


その他、体験ルームやレファレンスコーナーもあります。


体験ルーム
体験ルーム(1階)
レファレンスコーナー
レファレンスコーナー(1階)


じっくり見ていくといろんな発見があるので、ぜひ楽器博物館に来てたくさんの楽器を見てくださいね。
取材した午後にいらした男性のお客様は、「朝から来ているけど、なかなか見きれないくらいいろいろ見るところがあるね」とおっしゃっていました。



インタビューに熱心に答えてくださった嶋館長、どうもありがとうございました。

次回は、「楽器博探訪 その2 チェンバロの音とピアノの音」です。
チェンバロとピアノの実演もありますので、こちらもぜひご覧ください。


« 音楽雑学ブログ 一覧へ

ページトップへ戻る