楽器の世界コレクション_日本語サイト楽器の世界コレクション_英語サイト

よくあるご質問

楽器の世界コレクションのこだわりや商品のご購入についてなど、お客様から多く挙げられるご質問にお答えします。

DVDの内容に関してのご質問

DVDには演奏のみが収録されているのですか?
演奏だけではなく、他にも以下のコンテンツを収録しています。

楽器紹介

使用楽器について、製作者、生まれた国、時代背景など、こだわりのポイントを紹介しています。 グラフィックや資料を使い、初心者の方にもお楽しみいただけるよう丁寧にご説明しています。 この紹介の後に本編をご覧になれば、その魅力を何倍もお楽しみいただけること、間違いありません! さらに、楽器のアップや細部の装飾など、演奏シーンだけでは見ることができない様々なカットも満載で、いろいろな楽しみ方ができます。

コンサート出演者による解説

コンサート出演者の方に、楽器の魅力や時代背景、演奏の仕方について解説していただいています。 コンサート中のお話を抜粋したものや、コンサート後に独占インタビューを行ったもの、また現地で取材したものなどがあります。実演や楽器の模型資料なども交えて、わかりやすくご覧いただけるように編集しております。
小倉貴久子さん

解説冊子

16ページフルカラー(日本語版8P・英語版8P)の冊子が付属しています。
写真と解説による楽器の紹介や、演奏者と演奏曲の紹介、その楽器が使われた音楽の歴史や文化的背景などを楽器の専門家が解説しています。DVD本編と合わせて、楽器とその音楽の世界をまるごと概観できます。
ブランシェのチェンバロ 冊子見本

英語翻訳されているのは一部だけですか?

本編に収録されている全てのコンテンツには、英語翻訳が付いています。
映像中のテロップ、お話、付属の解説冊子に、ネイティブによる吹き替え音声または字幕による英語翻訳がついています。
ただし、スペシャル映像では日本語版のみのものがあります。(例:第4巻)

英語版の視聴につきましては、DVDメニューから「English」を選択していただければ、ご覧いただくことができます。付属冊子につきましては、裏表紙から読んでいただくと英語版の内容をお読みいただけます。
日本の楽器文化を海外に紹介できる一品として、高評価をいただいています。


なぜCDではないのですか?

楽器のかたちや実演レクチャーを見ていただくことで、音楽文化を様々な角度から理解していただきたいからです。

楽器の世界コレクションでは、楽器そのものを主役として、世界中のいろいろな時代、いろいろな地域の人々の生活と密接に関係してきた音楽を伝えたいと考えています。耳で聴くだけではなく、楽器の色やかたち、素材、演奏している様子や、実演による解説を見ていただき、様々な時代、様々な地域の人々の生活を想像しながら楽しんでいただければ幸いです。
演奏時の手元もご覧いただけますので、楽器の演奏を学んでいらっしゃる方にもぴったりの内容となっています。
CDをご希望の場合は、浜松市楽器博物館のCDコレクションシリーズでお楽しみいただけます。詳しくは浜松市楽器博物館のコレクションCD紹介ページをご覧ください。


浜松市楽器博物館レクチャーコンサートに関してのご質問

浜松市楽器博物館レクチャーコンサートとはどんなコンサートですか?

浜松市楽器博物館が行っている、お話と演奏の両方を楽しむことができるコンサートです。

通常のコンサートとは違って、主役は楽器そのもの。もちろん演奏も素晴らしいのですが、演奏のあいだに、楽器にまつわる様々なお話を聞くことができます。たとえば、演奏のポイント、楽器のしくみ、楽器が生まれた国のお話などを、写真やビデオ、実演を交えて、演奏者や専門家が直々に紹介してくれます。
「世界中の楽器を平等に扱う」という浜松市楽器博物館のコンセプトの通り、シリーズを通して、世界中のいろんな地域、いろんな時代の楽器がジャンルを問わず登場します。
詳しくは浜松市楽器博物館のホームページをご覧下さい。


浜松市楽器博物館とはどんなところですか?

世界の楽器を同じ目線で平等に紹介し、楽器や音楽を通して、世界の人々の文化を紹介する博物館です。

浜松市楽器博物館は1995年(平成7年)4月に、日本初の公立(市立)楽器博物館として開館。常設展示をはじめ、特別展、企画展、レクチャーコンサート、講座、ワークショップ、所蔵楽器のCD制作など、数々の活動によって高い評価を得ており、日本、東洋は言うまでもなく、世界でも第一級の楽器博物館です。ヘッドフォンや小型モニタによる演奏風景の紹介、イヤホンガイドによる解説、体験ルームでの自由な楽器の演奏など「みる・きく・ふれる」の展示が充実。大人も子供も楽しめる博物館です。
詳しくは浜松市楽器博物館のホームページをご覧下さい。
浜松市楽器博物館

ページトップへ戻る